二日酔いにおいて健康的に対処しようとするなら、メカニズムを知っておきます。肝臓の力を知ります。

メカニズムを知っておこう 二日酔いの健康的な対処法

TOPICS
メカニズムを知っておこう 二日酔いの健康的な対処法

二日酔いの健康的な対処法はメカニズムを知る

1年の中には、お酒を飲む機会が増える時期があります。まずは年末年始があります。忘年会から正月、新年会と行事が絶えません。常に酔っ払っている状態の人もいるでしょう。その次が春です。年度末になると送別会があり、歓迎会があります。それに続いてお花見などが続きます。その他には、夏があります。夏といいますと、ビアガーデンがあります。暑さを吹き飛ばすには、涼しい風が吹いているところで冷たいビールを飲むのが最高です。あまり美味しいのでつい飲んでしまうことがあるのです。このようなときに起きるのが二日酔いになります。通常は飲んでいるとき、飲んだ直後などにだるさを感じることになりますが、それが次の日まで残ることがあります。

次の日の朝におきて頭ががんがんすることがあります。症状が出ているのですが、このメカニズムについて知っておかないとどうしようもありません。原因は飲み過ぎになります。お酒に関しては肝臓で処理がされます。肝臓には処理能力がありますから、飲み過ぎると処理しきれないことがあります。すると良くない成分が体内に回ってしまうのです。体内に周って、再び肝臓で処理されるを繰り返すのですが、肝臓の状態が良くなければ処理してくれません。一晩で処理しきれなければ、次の日にも体中を悪い成分が周っていることになります。健康的な対応としてはどのようにするかですが、胃腸薬があります。消化を助けてくれるので、体内の活動も戻ってきます。

自然のものとして良いのがしじみのみそしると言われています。しじみのエキスがサプリメントとして売られているくらいです。これによって、体の回復力を補います。忘れていけないものとして、水分補給です。アルコールは水分ではありながら、利尿作用をもたらすものです。ですから、体からどんどん水分が失われています。飲み終わった後から、しっかりと水分を取るようにします。朝から適度に水分を取っていれば、昼ごろには落ち着いてくるのではないでしょうか。